FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- --
スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

ブルース

今に始まったことではないのだが、
曲が書けないのだ。
詞も書けないし、
歌はだめだし、
バンドは解散したし、
機材は売っ払ってしまったし、
ないないづくしなのだ。

ブルースでも弾こうと思ってギターを抱えてみても、
はったりのブルースしか出てこない。
それなりに、それっぽくは弾けるのだけど、
肝心のとこが欠けてる。
肝心のとこ(だけ)でやるのがブルースなのに。

東京に引っ越してきた時、阿佐ヶ谷のシカゴというバーで
レコードを買った。
ミシシッピ・ジョン・ハートの『Today!』というレコードで、
そのひっそりとしたブルースをボロアパートでよく聴いた。
唸らない、叫ばない、淡々とした弾き語り。
泥臭いブルースのイメージからはかけ離れていても、
染み入るように伝わってくるその感じは
どうしようもなくブルースだった。

何もない今、このアルバムの真髄まで迫ってみようと思って、
何度も聴いて、弾いてみる。
コードは3つ、CとFとG。
ギターを持って最初に覚えるコード達だ。
それが50年の時を越えて胸を打つ。
その秘密に耳をすます。

口ずさむのは安西先生の「あきらめたらそこで試合終了ですよ」と、
リョータ君の「流れは自分たちでもってくるもんだろうがよ!」
である。
しっかりしろい。
スポンサーサイト
.30 2009
life comment(0) trackback(0)
 HOME 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。