スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
.-- --
スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

オザケン

twitterに慣れるとブログという形式は自由すぎて何も書けないというか、
困ってしまった。
iphoneで長文を入力するのは無理、というのもあるのだけど、
とりあえず静観で様子を見ようと思います。
これからはひとつtwiiterのほうでよろしくお願いします、
ってわけにもいかないよなあ。
twitterはある程度の人数をフォローしないと面白くないだろうし。

一応、twilogというのにも登録してます。
これはtwitterのつぶやきを個人単位でまとめたもので、
もし奇特にもおれのツイートをまとめて読みたいという方がいらしたら
ご利用ください。
twilogならフォローとか登録とかめんどくさいのは無しでいけます。
これが長文に対応してくれたらブログの代わりになるのだけど、
今のとこ140文字制限は変わらず。

twitterもブログもすぐに進化していくだろうし、
それらが統合した新しい形態が出てくるのかもしれないし、
分からないけど、
今はこのブログって形式は手に余る。

思えば、ブログのおかげで人生変わったと言えるくらい世話になってきた。
ブログがなかったら今の暮らしがないのは断言できる。
簡単に言って彼女と付き合ってない。
おれ彼女のブログのファンだった。
感情をあまり表に出さない人だから、
ブログがなければ深く知ることはなかっただろう。

家にはワールドカップの時に作られた
レアな陶器製サッカーボール型ビール樽がある。
こいつの写真をアップしたおかげで、
彼女のブログは人に知られることになり、
それはおれに伝わり、んじゃあリンクしますかとかなって、
ってどうでもいいな、こんな他人の馴れ初めなんて。

5年前に姫路で高校生だった女の子のブログは最高に美しかった。
元気だろうか。
事実なのか、妄想なのか、に苦しんでる鬱気味の女の子もいた。
元気じゃなくても、無事だろうか。
その子のブログも暗かったけど美しかった。
ほんとのこと、少なくとも彼女にとっては、が書いてあった。
読んでるだけだけど、大丈夫かなと気にしたりはしてた。

ほら、脱線している。
制限がないと収集つかないんだよ。
飲んでたらなおさら。

別にブログ止めます、さようならってわけじゃないから。
ちょっとどうしたものか分からなくなってるだけで。

今日はオザケンのライブを観てきた。
泣いたよおれ。
大衆音楽であることを誇りに思う、というオザケンの言葉を信じてるよ。
スポンサーサイト
.21 2010
life comment(1) trackback(-)
 HOME 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。